読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2014年の映画

zuihitsu

1.ゴーン・ガール

2.TOKYO TRIBE

3.LIFE!

他、印象的だったものをつらつらと。
人種や差別の問題をメインテーマとした作品が今年も目立ってた。

それでも夜は明ける
アクト・オブ・キリング
X-MEN: フューチャー&パスト

あと、2014年後半に偶然重なった二作品、

インターステラー
楽園追放

メタ的なアナログとデジタルの対比が
方法論は真逆だけど印象的だった。

上半期はまったく映画館に行っていないという。
ほとんどパッケージ視聴。
来年はコンスタントに映画館に足を伸ばしたいなあと。